タイマッサージ


 

タイマッサージは、約2500年の歴史があります。

 

インド人である創始者シヴァカ氏が、仏教の伝来と共にタイに伝え、中国医学を吸収しタイ伝統医学として確率しました。

 

タイマッサージの『セン』と呼ばれ身体を巡るエネルギーラインを手や肘・足などを使って、心地よい刺激でじっくりとコリを緩めていきます。

 

深部の筋肉はストレッチで伸ばし、老廃物を排出しやすくしていき、深い呼吸と共おこなうことで新しい酸素を取り入れ、血流を促して筋肉の柔軟性を取り戻していきます

 

特に重重要なセン10本のうち、6本が足にあるため、通常足しから施術し、局所の痛みは全身の流れを活性化することで、和らげ本来の自然治癒力を高めると考えられています。

 


トークセン

親から子へ、子から孫へと受け継がれてきた、タイ伝統民間施術です。

 

トークセンのトークとは「叩く」

センは、身体を通る「エネルギーライン」

 

張っている筋肉や腱をトークセンと言う木槌で、トントントンと響かせ、深部の神経に働きかけ活性化していきます。

 

深部のコリをほぐし緩ませ、滞りがある部分にも新しい血液を呼び込み、酸素や栄養を届けよみがえらせていきます。

 

心地よい響きが神経緊張を和わらげていき、深いリラクゼーションへ導きます。